じんましん

じんましんとは?

じんましんの原因は、食べ物、抗生物質などの薬剤、植物、虫、物理的刺激、寒冷、運動、発汗など様々です。食物が原因となる場合によく知られているのが、 卵、小麦、そば、サバやアジなどの青魚によるじんましんです。表面が平らで赤く、かゆみを伴った膨らみが突然あらわれますが、数十分から数時間で消える場 合と、出たり消えたりしながら数日~1ヶ月以上続く場合もあります。アトピー性皮膚炎とは違い、じんましんが消えた後に皮膚が黒ずんだりすることはありません。
.じんましんは皮膚表面だけでなく、気道の粘膜などにもアレルギー症状が出る場合があります。

この場合、胸やのどが苦しくなり、ゼーゼーと音を立てたり咳 が出たりします。症状が激しくなると呼吸困難やショック症状(アナフィラキシーショック)を起こす可能性もありますので、緊急の対応が必要です。

重篤な症状を引き起こさないためにも、じんましんが出たら皮膚科を受診し、可能な限りの原因特定を行っておくことが大切です。

じんましんの予防

まずは生活リズムを整えるのが重要になります。

睡眠不足やストレスを多く感じる場合発症するケースもあり、また皮膚で同じ箇所を刺激し続けると症状が出る場合もありますので、

じんましんが現れた場合皮膚科でしっかり検査し専門医へ相談することをお勧めします。